小まめな保湿でスキンケアと気分転換をしてみましょう

スキンケアで1番大事にしたいことは、ずばり保湿です。

冬はもちろんですが、夏場でも室内にいるとエアコンの風に当たってあっという間に肌は乾燥してきてしまいます。

そこで小まめな保湿を心掛けてみてはいかがでしょうか。

スキンケアというと、朝起きた時と夜寝る前のイメージが強いですが日中も大切なんです。

化粧の上からでも使えるミストも色々な種類販売されていますので、うまく利用すればスキンケアと気分転換が同時に行えます。

ミストは少し多目だと思うくらい顔に振りかけ、ティッシュペーパーでその上から軽く押さえるのをオススメします。

余分なファンデーションも取れるので、小鼻周りを特に抑えると良いでしょう。

水分を肌に補給出来たら、軽くパウダーを使います。

この時肌のテカリ具合をみて、普段使っているスキンケア用品を調整するのも良いと思います。

テカリが強ければ、より保湿効果の高いもので朝しっかりと水分を与えてあげましょう。

日中のスキンケアは肌のためにはもちろんのこと、気分もスッキリして眠気覚ましにもなるので小まめに活用してみてください。

お風呂上がりにはパックや乳液など、また日中とは別の方法でしっかり保湿をしてあげましょう。

特にパックは塗るタイプ、シートタイプなどさまざまな種類や効果があります。

毎日使わないでも週に2、3回使用するだけで肌質は改善されますので、是非気軽にためしてみてください。お世話になってるサイト>>>>>ふんわりルームブラの口コミは嘘?実際につけてみた結果

簡単にシミを消すクリーム

私は10代の頃、日焼け止めクリームを全くと言って良いほど、使用しておらず20代前半から顔全体にポツポツと至る所にシミができるようになりました。

そこで購入した効果があったシミ取りクリームの紹介をしていこうと思います。

まず、薬局等で気軽に購入できる某製薬の「ケシミンクリーム」。こちらは誰もが知っている有名なシミ対策商品だと思いますが、私も何度か使ったことがあり目に見える効果はなかった記憶がございます。

その他にもシミエースという商品を使いましたが、一定の効果はあったものの暫く使用せずにいるとシミが元の濃さに戻り継続力はなかったです…。

レーザー治療も考えましたが、美容整形外科は敷居が高かった為、某海外製品輸入サイトでハイドロキノンが4%含まれているユークロマクリームを購入いたしました。

こちらは皮膚科でも処方されることがありますが、病院で購入する場合は保険適用外となり、個人輸入よりも2,3倍高くなるそうなのでお勧めしません…。

使ってみた感想としては今まで使ったシミ取りクリームよりも断然効果はあります。

即効性はないですが、1か月以上使えばシミも薄くなり、さすがシミの漂白剤と呼ばれていると実感しました。

使い続ければシミが消えるかもしれないです。こちらは肌の負担は少ないですが、3か月以上同じ個所に使い続けると白斑ができるかも知れませんので、用量や使用期限はきちんと守って美肌を目指しましょう。
もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>シズカゲルの口コミはウソ?

スニーカーブーツにはまっています

スニーカーブーツに興味があります。しばらくの間ハイカットスニーカーが好きだったのですが、ハイカットスニーカーよりもスニーカーブーツのほうがかっこよく思えて。

膝下まであるスニーカーブーツは運動するときにも履いてますよ。もちろん冬は買い物へ行くときなど履いていますが、スポーツクラブで運動するときもスニーカーブーツを履いています。

周りはハイカットスニーカーや普通のスニーカーを履いている人ばかりです。私も昔はフィットネスシューズを履いていたんですが、値段がかなり高くてだんだん遠ざかっていきました。

私が履いていたフィットネスシューズは一万円以上が当たり前。運動するためのスニーカーが一万円というのは私にはすごく高く感じました。

それからごく普通のスニーカーを履くようになって・・・。ダンスをするときはダンスにも対応できるスニーカーがいいので、あれこれ悩みながらいろんなスニーカーを履き比べましたよ。

あれこれ履き比べて私に合っていると思ったシューズが最近お気に入りのスニーカーブーツ。ダンスにも最適ですし、スポーツクラブで重宝しています。

かっこいいので値段が少し高くても納得できますよ。満足感がありますからね。

生命保険の掛け金がとても高いと思います。

何十年も入っている生命保険が書き換えの時が来たのですが掛け金がとても高ので払い切れません。

更新をするに当たって色々と見直しをしなければならないのですが、大変です。

今まで掛けて来た金額倍以上になるのです、とても支払いが出来る金額では在りません。

何故、若い時は掛け金が安いのに、歳を取ると高く成っていく、逆では無いでしょうか、歳を取れば仕事も無くなり収入もへっい行くのに生命保険は逆です。

人間歳を取ると死近づいて来るのでその前にお金を取っておこうと言う考えなのでしょうが解約する訳にも行かず、相談するしか道は無いのです。

良く80歳まで入れる保険のパンフレットを見ますが、色々と見ると本当の健康な人でないと入る事は出来ない様で、気軽に安いからと言って入り直す事は出来ません。

70歳で掛け金は終わりだそうで、後10年如何したものか考えてしまいます。

掛け金をそのまま安くして更新をすれば死亡した時の金額が半分以下になってしまいます、葬式代も残して置きたいし、入院代も残したい、しかし毎月の掛け金が高すぎて払えない、上手く出来ています。

このままぽっくりと逝く事で解列したいのですが、是ばかりは何とも言えないのでやはり相談をしなければなりません。